FC2ブログ

「まる」が来た日



2014年1月31日、その日は猫の「まる」がやって来た記念日となった。


(1)小さな家族(猫の「まる」)を迎えた経緯


飼っていた前猫が天国に逝ってから10年以上になる。いつもそこにいた猫が今はもういない。
そんな寂しさがしばらく続いた。そして猫のいない生活が今まで続いていたのである。
しかし、最近テレビで猫の番組が何度か放送され、そして、それを見るだけで癒されている自分がいた。
本当に自分は猫が好きなのだ。そう思った。無性に猫が恋しくなるというか、そばにいたらな~という
想いがすごく強くなった。もちろん猫は生き物であり、その一生を責任をもって飼う覚悟が必要である。
だから、もう一度その覚悟をしよう。そういう想いから新たな猫を迎える決心をしたのである。
そして「まる」が来た。

(2)「まる」との出会い

「まる」と初めて会ったのは、とあるホームセンターのペットショップ。
とにかく猫が大好きなのでいつもウォーキングのついでに立ち寄ることがいわば日常的になっていた。
皆しぐさが何ともかわいい。その中で目がまん丸で少し巻き毛がかった茶色の猫がいた。
見つめられるとなんとキュートなことか。オス猫である。結構じゃれて遊ぶタイプにも見えた。
そして、有力な候補猫として頭にインップットされたのである。
翌日は雨。明日もう一度行ってみて、もし居たなら家に迎ようと決めた。
雨の日の翌日、行ったら居たではないか。即、店員さんに声かけしたら「だっこしてみますか?」と
聞かれて即「はい」。そして抱いてみた。非常に人懐っこく大人しく見えた。生まれてから約4か月
だそうだ。小さな子猫はかわいいが、ここまで育った猫のほうが私は好きである。一緒に行った奥さん
も納得のよう。(実は猫の扱いは奥さんのほうが私よりずっとうまい。いや天性的に猫に好かれるタイプ)
そして、連れて帰ることになったのである。

(3)「借りてきた猫のよう」とはよく言ったものだ。

猫用キャリーに入れて家に帰る道では、「ニャーニャー」と泣いていた。
生まれてからこの日まで何せ自動車などの騒音は慣れていない様子で、しかもキャリーが動くので地に足
付かずの状態だったのだろう。かわいそうだが仕方ない。申し訳ないと「まる」には心で謝っておいた。
いよいよ家に到着。
人同士も同じだが、お互いに第一印象が大事。
無理矢理にキャリーから出すのではなく扉を開け、自分から出るのを待った。
何かにおいや気配などを確かめながら恐る恐る自分から出てきた。よくうちに来てくれたね。
まずは部屋の探検。歩き回っていろいろ確認する行動に出た。こちらはしばらく観戦状態。
すごく警戒心を持っていることは目の鋭さからうかがえる。しばらく触らず、かまわず、我慢、我慢!
そうこうしているうちに1時間はたっただろうか。タイミングを見計らってそばにより撫でてやると
異常な「ゴロゴロ」の応酬が待っていた。ものすごくかわいい。
この子はほとんど泣かない種のようで余計な鳴き声をまったく出さない。静かである。
性格的にとても人懐っこく、私と奥さん両方にまんべんなくフレンドリーであり、またこれがかわいい。
今のところ、とても静かな猫。借りてきた猫のよう。それとも猫かぶりか?
とりあえず必需品、猫トイレ、猫ベッド(かごに毛布)、爪とぎを用意した。
ちなみに名前の「まる」とは、目がとにかくまん丸いから「まる」と奥さんが名付けた。
ぴったりであり、賛同して決まり。

(4)家族に紹介

奥さんが別のところに住んでいる娘に「猫ちゃんが来たよ~」ってメールしていたらしく、ちょうど
翌日が休みの良いタイミングだったらしく時間をかけてその日に会いに来た。
「かわいい」の連発。写真撮影連発で大変喜んでいた。「まる」よかったね!

そして、その日はあっという間に過ぎたのだった。
スポンサーサイト



「まる」が来た日(続き)

■2日目までの「まる」

FB4C9490.jpg

(1)「まる」の紹介

ここで「まる」についていくつか紹介したいと思う。
ペットショップからもらった資料によると次のようだ。

①猫の種類:セルカークレックス
②毛色模様:明るい茶色とクリーム色のタビー(少しカールあり、尻尾の毛はストレート)
③誕生日 :平成25年9月24日生まれ
④性別  :オス
⑤識別  :ICチップ埋め込みされているそうな
⑥登録書 :送ってくれるそうな
⑦ワクチン:2回接種済(次回は12月だそうな)

まるで王子様みたいな経歴と扱いだったんだね。
もやしでなければいいが。今のところ元気そうで何よりだ。どうかその調子でこれからも生きてくれ。

(2)だんだん環境に慣れてきた

ショップにいたころは約70cmの長方体の展示ケースにいれられほとんど運動できずにいたのが
家に来ると、自由気まま。だんだん慣れてくると走りまわり、本来の子猫としての行動がみられる
ようになってきた。しかし、時々まだ警戒している様子がうかがえる。
猫用のボールでよく1人遊び(いや1猫遊び)をする。特に猫じゃらしは効果てきめんでものすごい
反応で俊敏な動きと狩りモードの目つきになり頼もしい。実に元気でなにより。
1日目から興奮させ過ぎるのもなんなので適当に終了。

(3)本当に良い子なようだ

①トイレは1日目が肝心といわれるがその通りだと思う。

FB4C9571.jpg

ショップの店員さんに「トイレのにおい付の新聞を持って帰りますか」と聞かれたので即「はい」。
猫を1度でも飼ったことのある人なら常識。気が利くショップです。ありがたくゲット。
そのにおい付の新聞を入れて用意したらすぐに「まる」は確認にやってきてしきりににおいをかいで
認識したか否かは定かでないが、その後トイレはそこで用足し、他ではまったくそそうしない様子で
よかった、よかった良い猫君です。
猫はきれい好きだといわれるが、トイレは1日1回きれいに掃除をしてやらないとそこではしなくなる。
何より、猫の健康状態を知るにはうんちやおしっこの状態を見ることが手っ取り早い。
掃除をしないとそれがいつのものなのか分からないし、手遅れになることもあるので気を付けたい。
ま、その前に人間が参ってしまうにおいになる。ましてや鼻の敏感な猫にはいくら自分のものとはいえ
「かんべんしてよ」となるのが当たり前だ。


②爪とぎについて

FB4C9587.jpg

爪とぎに悩む飼い主が多いと聞く。前猫もそうだった。
思い出せば、これも最初が肝心なのだと知ったときはすでに遅しということも経験済みなのである。
爪とぎは猫の本性、ストレス解消の手段なのである。やって当たり前。
だからあえて爪とぎやりたい放題の場所を作ってやるのが一番だとどこでも教えてくれている。
ホームセンターでマタタビの粉つきの爪とぎセット(段ボール製)で効果は十分。安いものなので
このタイプがベスト。これもしきりに使ってくれている。ただしマタタビの効果が薄れると感心を
示さないようで注意が必要なようだ。マタタビをたまに振りかけるとよい。かけすぎると鼻に入り
くしゃみの連発で鼻炎になるので注意が必要だ。気を付けよう。

③冬時期は夜間の冷え込みに注意

猫は野良ちゃんを除いては普通、環境の整った室の育ちであるため寒さになれていない。
普通の家では人間が寝ている間はたいていエアコンがストップするので一気に室温が低くなり、
環境になれていない猫は風邪をひいてしまいがちだ。
環境になれるまでは暖かい寝床を用意してあげることが肝心だ。
小さいこたつを用意するなどの配慮が必要だ。その程度の世話は動物病院に連れていかなければ
ならない羽目になるより、その努力を惜しまないことが猫を飼う覚悟というべきものだと思う。
ちなみに私は猫が自分の布団に入ってきて寝ることは歓迎するほど猫が好きだ。
でも眠たいのに耳元で「ゴロゴロ」だけは勘弁してほしい。







「まる」が来てから3日目

■2月2日の出来事

(1)なかなか泣かない猫


「まる」はなかなか「ニャー」とは泣かない不思議な猫。
猫は無駄に「ニャーニャー」泣くのが普通だろ。静かな猫だ。
泣くタイミングがなんとなくわかってきた。餌が目の前にあるとき、誰もいない部屋で寂しいとき、
周りが異常に騒がしいとき、この3つにしか反応せず泣かない大人しい不思議ちゃんだ。
心配になるほど泣かない。しかし元気によく食べ、よく遊ぶので今のところ安心。
人の顔を見つめて何か訴えてくる表情を見せるので、体調管理に気を配る必要があるだろう。

(2)自分のお気に入りの居場所を何ヶ所か見つけたらしい

FB4C9505.jpg

猫は狭く周りから攻撃されなさそうな場所が安心する。
「まる」も例外ではなく、部屋の中で探検の成果ともいうべき何ヶ所かのお気に入りの場所を見つけている。
リラックスし、昼間はそこで昼寝をしている。

(3)夜、自分から布団の中に入ってきた

今日は、寒かったのか自分の寝床ではなく、気が付いたら自分から私の布団の中で寝ていた。
夢うつつの「ゴロゴロ」は本物だったのだ。ついでになんか顔をなめられた気がする。
勘弁してくれ~。

とにかく、慣れてくれることはうれしい限りだ


「まる」が来てから4日目

■2月3日

今日は「まる」が来て4日目になる。
「まる」のおかげで早起きになった。したがって夜もだんだん寝るのが速くなる。
良いことだ。

「まる」は相変わらずよく食べ、元気に走り回っている。
今日は、写真を少し多めにとったのでアップする。
このブログを書いているとき、「まる」は私の膝で眠っている。
あー幸せを猫からもらっている。
これを夢見ていた。うれしいです。


リラックスする「まる」


何が気になる?


勝手に撮ってはいけません!


撮ってもいいけど抱っこして!


あー疲れた。一休み。


のど渇きました

「まる」が来てから5日が経った

■今日で5日目

ようやく部屋の中でリラックスできるようになったらしく、行動が本来の猫らしくなってきた。

FB4C9536.jpg

FB4C9538.jpg
落ち着いて座り込みする時間が多くなってきた

FB4C9545.jpg
お気に入り場所で寝る時間も増えた

ほとんど寝ているが、起きたときは元気に走り回っている。
時々見つめて抱っこしてとばかりに手をかけ訴えてくる。短く「クー」と泣く。
そういう仕草が余計にかわいいと感じる。猫の作戦に完全にはまってしまった。


「まる」のおもちゃ

ここで「まる」が遊んでいるおもちゃを紹介しよう。
どれも狩人としての猫魂を呼び覚ますもので、効果てきめんでよく遊ぶ。

FB4C9552.jpg
猫じゃらしは闘争本能を刺激するのか見たら即反応し、激しく追い回す。
時々、猫じゃらしを渡してやり、戦利品として持ち去らすのがストレスにならないようだ。

FB4C9553.jpg
ひとり遊び用のボール(転がるとシャラシャラと音が出る)
時には10分以上もひとり遊びすることも。
取れない所に入ってしまうと探すので、違うところから転がしてやると再び遊びを始める。

今日の「まる」

■2月5日

今日で「まる」はうちの子になってから6日目となる。

「あー、本日も晴天なり」ではないが、すこぶる元気。朝ごはん前に健康的で立派な’うんち’をした。
おしっこもいつもの色なので問題ないと思う。その調子でいてくれ。
今日は、ウォーキングのついでに100円ショップに寄り、いつもの昼寝場所用に座布団をプレゼントさせてもらった。
機嫌よく寝ているので良しとしよう。

FB4C9558.jpg
朝ごはん中

FB4C09581.jpg
毛づくろいは時間をかけて丁寧だ

FB4C9578.jpg
おなかをさすってもらって上機嫌

FB4C9573.jpg
猫イベント一段落

FB4C9582.jpg
早速、プレゼントした座布団で昼寝

今日の「まる」

■僕は今日も元気です。


ここもお気に入り

今日も朝から元気な「まる」、いいね~。 その調子だ!
家にもすっかり慣れて、我が家の猫としてその環境にすっかり染まってきた。
オス猫だけあって少しやんちゃなところはあるが、まあ気にしない。むしろ歓迎だ。
相変わらず餌の時以外は泣かないが、それも良しとしよう。
そのかわり目で'もの'を訴え、手を出して意志を示すなど、賢く積極的な猫だ。
益々気に入った。

今日は違うお気に入りの場所でくつろいでいる「まる」の写真を撮ってみた。
狭いところ、似合っているし、前足折り曲げてリラックスモードじゃないか。

今日の「まる」

■かわいいだけじゃない

「まる」はやはり猫だ。(当たり前)
狩りの目線はするどいね。だけど眠る顔は少しおまぬけ。
そのギャップがいいね。

FB4C9626.jpg
冷静な「まる」 なかなかの男前(飼い主自賛)

FB4C9612.jpg
狩り真っ最中の「まる」

FB4C9613.jpg
戦闘中はまるでゴジラ

P1010978.jpg
でも眠る顔はおまぬけだ


今日の「まる」

■寒い夜

昨日の晩からしんしんと雪が降り、とても寒い夜だった。
あまりに寒いので何時間かに数回エアコンの室外機が凍結回避運転を行い、室温が急激に下がる。
ま、寝るときは切るからいいけど、起きてるときはしっかり動いてくれと思う。でも寒冷地仕様じゃないから仕方ない。
「まる」よ、お前も温室育ち、寒さになれていない。うちの環境厳しいぞ。しっかり慣れてくれ。

今日は朝から雨だ。
そういえば、「まる」を迎えようと決心したのも雨の日。
すっかり家に慣れてくれてありがとう。


何か考え事か~?

今日の「まる」

■久しぶりに若いお姉さんに遊んでもらった

「まる」にとって今日は楽しい日になった。
なんと、またまたお姉さんが会いに来てくれた。
飼い主のご主人や奥さんではなく、ずっとずっとずっとお若いお姉さんに遊んでもらった。
それに「お前は弟だよ」って言ってもらえた。上機嫌だね「まる」。

FB4C9690.jpg
本格的に遊びたいのでお姉さんも着替えて本気モード?

FB4C9672.jpg
俊敏な動きでピント合わせが追いつかない

FB4C9684.jpg
モーレツアタック、顔は戦闘モードスイッチON

FB4C9708.jpg
じゃれ顔もかわいい

FB4C9710.jpg
最後におなかをさすってもらってご満悦、うっとりウルルンな瞳を見せた


今日の「まる」

■ひとまわり大きくなった「まる」

「まる」が来て今日で10日が過ぎた。何かひとまわり大きくなった気がする。
この時期は成長が早いのか、体つきもがっちり、たくましくなってきたのである。
今まで登れなかった所もジャンプして次々征服していく。成長の証であり、とても頼もしくなってきた。
やんちゃぶりも健在で実に元気である。

いつもの所にいないと思って周りを見ると新たな高台に陣取っている。
「何みてんの?」なんていう表情を向ける。実に面白い。
「まる」は図体は大人に近いが、中身はまだまだ子供であり、よくじゃれて遊ぶ。

こういう時期はあっという間に過ぎてしまう。
だから、今は楽しみつつ成長を見守ろうと思う。
もう、二度とこの時間は戻らないからだ。


新たな高台征服
(座っているところの高さは自分の座高の2倍以上ある。来た当時は見上げるだけだった)

今日の「まる」

■猫にも肖像権はある?

(1)「まる」の主張?


一応、「まる」にも'猫肖像権'なるものがあると言っている。
だから、写真の使用は彼の許可を得て欲しいそうだ。
(なに、おまえの写真なんかいらないって?猫のプライド傷つくし!)
飼い主の私は餌奉仕、トイレ奉仕、抱っこ奉仕を行うことで承認してもらっているが....
猫の世界も結構こういうことはシビアな話らしい。

FB4C9753.jpg
どうだ、自慢のレッド・クラシック・タビーの柄は!
もっといい柄のものを着ている猫もいるが僕(まる)はこれが気に入っているのだ
何せ着替えるわけにいかないしな

FB4C9760.jpg
どうだいこのポーズ。僕は何故だかいつもカメラを意識してしまう

FB4C9762.jpg
このボール、好きだがそろそろ飽きてきたな

FB4C9737.jpg
ん?なんだろうー

FB4C9763.jpg
かまってくれないし、何だか眠くなってきたよ

FB4C9739.jpg
そろそろ昼寝(やけに早いな)するわ、邪魔すんなよ!

(2)飼い主の主張

「まる」よ、そもそも猫に肖像権なんかあるのか?って言ったら
認めないんだったら「遊んでやらないし、ゴロゴロ言ってやらないし」って言われてしまった。
ん?遊んでやらない?どっちがだよ!生意気言ったら餌減らすぞ!(卑怯な一手)って言ったら
かわいそうなのでやめておこう。
一応認めてやるが飼い主だけは無条件に肖像の使用権を認めてくれ。
餌、サービスするからよ。頼むぜ。

うーん、何だか負けそうだ。

そんなこと、考えてみた私は何か変だ。
猫の魔力にどっぷり浸かっている自分がいた。

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

BURANEKO

Author:BURANEKO
●猫データ
名 前:まる
猫 種:セルカーク・レックス
毛 色:レッドタビー
誕生日:2013年9月24日
性 別:オス
体 重:5.0Kg(2014.12.1現在)
性 格:おっとり型・甘えん坊
特 長:短毛・巻毛タイプ
    めったに「ニャー」と
    泣きません
環 境:完全室内飼い

最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR